• BB-PHOTO

「 希望 」

結論から申し上げますと、

クラウドファンディング プロジェクトは

「 次に続くチームのため 」というのを

掲げておりましたが、今回の成功で

一番最初に影響を受けたのは私自身でした。



( 出来るだけ多くの3年生を撮りたいけど、、、、)



クラウドファンディングを立ち上げるにあたり

最も悩んだのが、どのチームまで対象にするかです。


「 京都府下の全チームは流石に厳しい。」

「 ベスト8くらいか。 」

「 16も入れてあげたい。 」

「 市部予選敗退のチームは? 」

「 新人戦の結果だけで考えるのか? 」

「 両丹のチームはどうしよう? 」


かなり悩みました。

紫野高校の吉田先生からも、他のチームの3年生にも

何か出来ませんかと何度も何度も相談がありました。


最後の最後まで迷った結果、

紫野高校1チームに絞り最高に素晴らしい作品を作って

「 うちのチームも絶対やりたい。 」という

ニーズを掘り起こそうという結論に至りました。


「 うちのチームも絶対やりたい。 」

という状態になって初めて

撮影時間を確保して頂いたり、

撮影に協力して頂けるのではないかと考えたからです。


もちろんこの段階では「 全チーム撮影 」は

頭の中にはありませんでした。


2020年6月15日

ここ最近書いていますように

クラウドファンディングをスタートしました。


2020年6月17日

私の想像を遥かに超えるご支援が集まり、

わずか3日間で目標金額を達成することとなりました。


スポーツに対する想いは大きな力になると

確信しておりましたが、

まさかここまで一気に膨れ上がるとは

想像しておりませんでした。



私の心の奥底に眠っていた想いが姿を表しました。



「 京都の高校3年生の希望者、全員を撮ろう。 」



そこまでチャレンジしてこそBB-PHOTOの存在意義があるのではないでしょうか。


ALL KYOTO プロジェクトが動き始めました。


クラウドファンディングの成功が

これからの京都のチームの希望になればと

考えておりましたが、

私自身の希望となりました。


私の思考が変わりました。


私の行動が変わりました。


京都のバスケ界が動き出しました。


皆さんの手元に思い出の1枚が残ります。




もう一度言います。


「 京都の高校3年生の希望者、全員を撮ります。 」


「 両丹地区も? 」

「 イエス 」


「 1回戦負けのチームでも? 」

「 イエス 」


「 チームに3年生が1人しかいなくても? 」

「 イエス 」



大切な事はいつも

バスケットボールが教えてくれた。























紫野イヤーブックはしばし封印。。。。