• BB-PHOTO

なぜ独立した人は輝いているのか。

アンサー:独立して輝いている人のところに取材に行っているから。



上司のプレッシャーは無くなっても、

社員の生活を守るというプレッシャーと常に向き合わなくてはいけない。


やりたい事もできるが、やりたくない事も全力でしなくてはいけない。


残業代がつかないと嘆く以前に

残業代という概念がない。


株式会社と、個人事業主。

社員を雇う、雇わない。

同業種、異業種への挑戦など、

環境が違えば、中身ももちろん異なるが、

それでも独立は安易な道ではないと思う。


サラリーマンでも、自営業でも

困難はやってくるし、プレッシャーも感じる。

達成感を得る事もできるし、生きがいになる事もある。


輝いて見えるのは

最終的にはその人の魅力ではないか。



バスケットで言えば、

「 なんかイメージしていたのと違う。 」

「 あのチームは楽しそう。 」

と、感じたとしても、それは表面上しか見えていないだけだと思う。


自分が羨むチームにも

困難や問題が存在していると思う。


隣の芝生は青く見える。


と昔から言うが、まさにその通りである。



環境を変えたいと思う前に

自分の思考をまず変えることが大切ではないか。


もちろん仕事でも部活でも

環境が変わって力を発揮するケースもあるが、

その環境にいつ巡り会えるかわからない。


自分の思考は一瞬で変えられる。