• BB-PHOTO

アクトオブシューティング_1003


本日は公開前の動画の予告をしたいと思います。


「 アクト オブ シューティング 」


ゴーグル翻訳では 「 act 」は「 行為 」と最初に表示されます。


「 act of shooting 」 で 「 射撃行為 」、

「 act of shoot 」で 「 シュートの行為 」

と表示されます。



余談ですが、「 shooting 」だけでは 「 撮影 」と表示されます。

だからといって 「 撮影行為 」は 「 act of shooting 」には

ならないような気がします。

( Google翻訳では act of photographing と表示されます。 )



本題に戻りますと

この動画は

審判がどのような基準で〝 フリースロー 〟か〝 スローイン 〟を

判断しているかについての説明となります。



「 NBAでは笛がなれば絶対にシュートを打つ。 」と

テレビの解説で何度も聞いた記憶があります。


中学、高校生だと最後シュートを打たず終わっているので

スローインになるケースが多いと思います。


アクトオブシューティングをしっかり理解することで

試合に役に立つと思います。


動画公開まで今しばらくお待ち下さい。