• BB-PHOTO

インサイドプレイヤー

2022 京都高校新人戦


福知山成美 62 ー 58 京都橘

城陽 73 - 72 福知山成美 ( 延長 )

と、拮抗した試合展開となった3チームのゾーン。


スコア上では城陽、福知山成美の強豪校に

京都橘が肩を並べた結果となった。


『 インサイドプレイヤー1枚で世界が変わる 』


京都橘は今までも想いのこもったプレイを見せてくれていたが、

強豪チームに勝利するまでには至らなかった。


ところが今シーズンは189cmのセンターが

スタメンで出場し、

高さで勝負できるようになった。


バスケットボールは高身長者が有利なスポーツであることは

周知の事実であるが、

実際に目の当たりにすると

私のようなガードにとっては残酷さも感じる

チームの変貌ぶりであった。



『 先の見えない目標に対しての努力 』

『 手が届きそうな目標に対しての努力 』

を比べた場合、

どんなに優秀な選手でも後者の方が

より集中して練習に取り組めるのではないだろうか。


今まで積み重ねてきた努力が加速度的に成長につながる可能性は

大いにあると考える。


もちろん、簡単には勝たせてくれないだろう。


シードチームには意地もあるし、

結果を残してきた経験もある。


また実力が認められれば、相応の研究もされるし、

照準も合わせてくる。


あと一歩のところまで追い込んだチームが

数ヶ月後の大会で同じチーム相手に点差をあけられる事はしばしばある。


IH予選べスト8入りは

決して甘い道のりではないが、

高すぎる壁でもないだろう。


これからの更なる変化を楽しみにしている。