• BB-PHOTO

コンタクトの重要性

BasketParkの記事でコンタクトについて話題に挙げました。


開志国際高、北陸学院高、中部第一高など

上位にきたチームはどのチームもコンタクトが素晴らしいと感じました。


今朝読ませて頂いたとある指導者の先生のブログでも

コンタクトについて書かれていました。


やはりコンタクトは重要なのです。



私がコンタクトについて驚愕したのは、

アメリカのプロコーチを招待した

アスリートクリニックの時です。


ポストのポジション争いで、

そのコーチが相手の腕を少し掴むと、

一瞬で身体の踏ん張りが効かずに、

ポジションを取られました。

( 私が理解していないので、ニュアンスが伝わりにくいです。 )


高校、大学のカテゴリーで

全国ベスト4以上の結果を残しているチームの指導者さんや

現在はWJBLでプレイしている選手も

その場にいましたが、

全員〝  え?どういうこと?  〟という感じでした。



そのコーチは

武道を取り入れていらっしゃるとのことでしたので、

その昔、海外からやってきた人たちが

初めて柔道を見た時に、体の小さな人間が

大きな人間を投げ飛ばす姿を見て、

私と同じような感覚を抱いたのではないでしょうか。



小さな力で相手を動かすという点において

身近なところで例にあげますと

子供の頃にしていた〝 膝カックン 〟に近いと感じます。

( 実際のコンタクトのスキルとは関係ないです)


どんなに強く力を入れて踏ん張っても

ガクッと体勢が崩れてしまいます。


体感的にはそれに似たコンタクトスキルが

アメリカでは日常的に行われているのです。



非常に悔しいのは

そのアスリートクリニックには

記録係として参加しましたので、

コンタクトのスキルを誰かにお伝えするレベルまで

私が理解していないという点です。



アメリカの空気に触れるだけでは高く飛べることはできませんが、

アメリカのプロの空気に触れると、バスケ感は変わるかもしれませんね。