• BB-PHOTO

シュートを決めるよりも大切なこと

特にアウトサイドシュートが苦手な選手に知ってもらいたいですが、

実はシュートを決めるよりも大切なことがあります。


ズバリ、

「 チームのタイミングでシュートを打つ 」ことです。


試合を観ていると絶好のタイミングでシュートを打たない選手がいます。


完全に相手のディフェンスを崩して

ノーマークの状態を作れているにも関わらず、

もう一歩リングの近くによりたいのか、

最後にチェックにきた選手をさらにかわして

ジャンプシュートかドライブを選択する選手がいます。


そういう選手にとっては「 シュートを決める 」ことが1番なのだと思います。


しかし、私が考えるに、

「 チームのタイミングでシュートを打つ 」ことが1番です。



考えてみてください。

1試合での2点シュートの確率はどれくらいでしょうか?


どんなによくても50%くらいではないでしょうか? 

ゲーム状況によっては30%くらいまで落ちるときもあります。

3本に2本は落ちるのです。


ですから「 決める 」ことよりも「 打つ 」ことが大事なのです。



「 チームのタイミングで打つ 」ことのメリット


( 打つ と味方は思っているので )

オフェンスリバウンドにいきやすい。


( ディフェンスを崩しているので )

オフェンスリバウンドを取りやすい。


相手の速攻に繋がりにくい。


「 勝ち 」でオフェンスを終わることができる。



バスケットは流れの中でゲームが進行していきます。

その1本が例え入らなくても次の展開に繋がります。



ですが、シュートをためらうことにより、


「 24秒バイオレーション 」

「 詰めて無理なシュート 」

「 台型内で囲まれる 」

「 リング下でブロックショット 」


など、よくみられる結果です。


それらは全て「 ディフェンスの勝ち 」となってしまいます。



例え入らなくても


「 チームのタイミングでシュートを打つ 」


常に意識してコートに立って頂ければと思います。










Copyright © 2017 bbphoto All Rights Reserved.