• BB-PHOTO

バスケかぶれ

ここ数回は「 No.1 」を目指しているチームと

「 京都2位 」を目指していた私との意識の差について書かせて頂いております。


今回は大事なことを伝えていなかったことに気づきました。


私が練習を拝見させて頂いたチームは

「 洛南 」 「 東山 」 「 京都精華学園 」ではございません。


現時点での実力差がかなりあるにもかかわらず、

『 本気でNo.1を目指している 』姿勢に大きな衝撃を受けたのです。




社会人になって中学の後輩に言われた一言があります。


「 中学の時のBB君はどこに行ってしまったのですか。 」


中学生の時の私は、

「 気持ちで負けている。 」「 努力が足りていない。 」

と常にチームに檄を飛ばし続けました。


身長差やミニバス経験の差などこれっぽっちも

考えておりませんでした。


『 京都で一番練習したチームがNo.1になれる。 』と

心の底から信じて努力していました。


後に洛南のスタメンを勝ち取った

ライバル藤森のセンターとの

マッチアップも、

自分の気持ち次第で

なんとかなると思っていました。














数年前、青野先生の退職記念の時に久しぶりに会いましたが、

よくこの身長差で「 気合い 」だけで挑んだものだとある意味感心しました。


チーム全員が内心負けると思っていたのも納得です。


バスケ部で集まった時に、その話題になり、

「 逆になんでBB君はあの試合勝てると思ったのですか。」と

聞かれたことがあります。


「 絶対勝つって思ってたから。 」と私は答えました。


答えになっていないようで、

後輩の立場としては理解に苦しむようで、

実はこれ、アスリートにとっては

なかなか重要な考え方なのではないでしょうか。


しかも、当時のプレイは

身長差を考えて、アウトサイドにセンターを引っ張り出して、、、

という戦法など皆無でした。


ガチガチのインサイド、

ペイントエリアのみで真っ向勝負していました。


中学3年生の夏季大会は

相手チームの180cm以上のセンターをインサイドでねじ伏せて

京都市の決勝戦まで辿り着きました。


そんな中学時代私の背中を見てきた後輩にとって

高校以降の私に魅力を感じないのも当たり前です。


〝  決勝戦までいったし 〟

〝  ガードへのコンバート頑張ったし 〟

〝  洛南には勝てへんし 〟


中学生の時の気持ちを持ち続けていれば、

もっとやれた筈ですよね、絶対。



今、この瞬間、私の中の

SLAM DUNKで最高の名言はこれになりました。



「 おめーらバスケかぶれの常識は俺には通用しねえ!!

  シロート だからよ!! 」