• BB-PHOTO

マネーの子羊

本日、銀行の窓口にいってお金をおろそうと思ったところ、

「 BB-PHOTOさんですか?」と

まさかの愛の告白!!



(  どこが告白や (・Д・)ノ )



なんと某大学バスケ部の元マネージャーさんだったようです。


大学とはあまり関わりがないので

すごい確率の再会でした。



私の通帳残高を見られたと思いますが、

残念ながら、残高は全額借り入れ金です。

((((;゚Д゚)))))))



テレビでは政府のコロナ対策に批判的な声をよく流します。


しかし、実際には事業者を助ける様々な制度があり

新型コロナウイルス感染症特別貸付 を利用させて頂いております。



テレビはどうしても

センセーショナルな内容を好みますので、

私の周りでも事業をしていない人はこの制度を誰も知りません。




借金といえば

『 借金〇〇億円からの大復活!! 』

みたいな感じの番組コーナーをたまに見かけます。



倒産寸前の会社を立て直したのは

凄いことだと思いますが、

銀行は返してもらえるあてがあるから

貸付するわけです。


いわば 借金の金額 = 信用の証 です。


その会社には数億円分の信用があったのです。




例えば、住宅ローンを組むとき

公務員夫婦の場合、5,000万円は確実に

貸してもらえると思います。


それは『 公務員 』という信用があるからです。


カメラマン夫婦ではそうはいきません。


( 特にフリーランスは散々です(ToT) )




『 芸能人がキャッシュ(現金)で豪邸を購入した!! 』


という話題が出ますが、逆にそれは

ローンが組めないから現金で買わざるを得ないケースも多いと思います。


35年後の活躍が保証されている芸能人はいないと思います。

ですから35年ローンは組みたくても組めません。




2022年4月から金融教育が始まるとのニュースを見ましたので、

本日は借金の話と、情報の本質を捉える話でした。



ちなみに銀行が貸してくれるからといって

頭金なしで借りると、後々の返済が大変なケースもあります。



貯金は大事ですね。