top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

メッシ_1219

W杯、アルゼンチンが優勝しました。


世界トッププレイヤーとして

長年活躍してきたメッシに優勝してほしいという思いがありました。



前半終わって アルゼンチン 2-0 フランス。

フランスはシュートを1本も打てていません。



この時点でアルゼンチンの優勝を確信し、

眠りについた方も多いのではないでしょうか。



ところが、後半にフランスが追いつき延長線へ。


延長線でもアルゼンチンがメッシのゴールで1点を勝ち越すも、

再びフランスが追いつき、PK戦へ。



一人目はお互いエースストライカー。


フランスはエムバペ( インタビューで本人が日本語での読み方は「 エムバペ 」が良いと答えていました )。


決勝戦でハットトリックを達成したエムバペ選手。


この日、3本目となるPKも確実に決めます。



一方のアルゼンチンはメッシ。


W杯のPK戦ではエースが外す印象が強いですので、

観ている方は非常に心配になりました。


( エースは外した時の印象が強くなるので、

統計的には大差ないと思いますが。)



もの凄いプレッシャーがかかる中、

冷静に決めます。



最終的にはアルゼンチンがPK4−2で

見事優勝を手にしました。


私はサッカーの戦術に関しては素人ですが、

「 勝負 」に対して色々と感じた試合でした。






Comments


bottom of page