top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

中学生は今の時期の頑張りが1年を決めると言っても過言ではない_0910


2021年度を振り返ったとき、新人戦の中止が大きかったと個人的には感じました。


試合経験はもちろんですが、〝 シード 〟の影響が例年とは異なりました。


夏にシードさえあれば…

という思いを抱いた選手や保護者の方も多いのではないでしょうか。


シードは本当に大切です。


べスト8や4に勝ち上がる実力があったとしても

ノーシードで勝ち上がるのは困難です。


近畿大会出場を目指すチームでも

新人戦で8シードはキープしたいところです。


部活動では夏に先輩が引退して自分たちの世代になったと思います。


夏休みの練習を経て徐々にチームの形になってきていると思いますが、

まだまだ未熟な部分は多いと思います。


勝って浮かれるチームもあります。

負けて、自分らはこんなもんかとやる気がなくなるチームもあります。


どれだけ強い意志を持って日々の練習に挑めるかが大切だと思います。



私は中2の新人戦で1点差勝利の相手に

春季では20点くらいあけて勝ちました。


日々の努力の大切さを学びました。


夏に向けて頑張りましょう。


私はダイエット第二弾を来年の夏に向けてスタートしました。



最新記事

すべて表示

東山高校の準優勝回数は21回です。 次点では男子山城高校と女子紫野高校が共に10回ですので、 京都ではダントツの回数です。 今回、優勝した東山と準優勝の京都精華学園の差は 決勝戦を戦ってきた歴史の差であると思います。 (新人戦は京都精華が勝っていますが。) 〝 全国 〟がかかった〝 決勝戦 〟の舞台。 東山の底力を感じました。 準優勝の京都精華学園は いつものオフェンス力の歯車が少し狂った印象があ

bottom of page