京都2位になるための努力_その2

実は以前から自分の中で

何かが足りないと感じておりました。


仕事は好きですし、

(自分で言うのもなんですが)情熱を持って取り組んでいますし、

休みがなくても平気です。


コロナ禍以前のハイシーズンでは

1ヶ月半、毎日撮影があった時もありました。


ひと月の最高撮影件数は42件ぐらいだったと記憶しております。

( 1日2件の日もありました)


また子育てが始まってからは

子供を寝かしつけた21時から

仕事を再スタートする日々も送っておりました。


ですから頑張っていないことはないのですが、

何かが足りないと感じておりました。



それが先日、ある指導者の先生のお話を聞いて

ここが違うのか!と気付かされました。



私がしてきた努力は高校時代にしていた

『 京都2位になるための努力 』と同じだったのです。



『 京都府2位 』


今の東山とは比べ物にならないレベルでしたが、

相応の努力なしには辿り着けない場所でした。


しかし、逆に言うと、

一生懸命頑張りさえすれば

目指せる場所でもありました。


それに対して『 優勝 』の場合、

ただ一生懸命頑張るだけでは絶対無理でした。


絶対王者の洛南が君臨しておりましたので

チーム全員の意識を変えたり、

勝つためのビジョンを明確にしたり、

個々の更なるレベルアップをはかるなど、

戦略や理論に基づいた

より質の高い努力が必要だったと思います。


高すぎる目標だったので、

そこを目指すことはしていませんでした。



しかし、本気で優勝を狙っているチームは

突き詰めていく姿勢が違います。


選手に向けて語っておられた言葉が

44歳のおっさんの心に突き刺さりました。



これからは『 打倒 洛南!! 』を目指す心構えで

自分の仕事を改善していきたいと思います。



早速、ものすごく手間がかかるのですが、

絶対に喜んで頂ける商品を思いつきました。

( バスケとは関係のない写真です )



〝 心はいつもバスケっ子 〟

改め、

〝 心はいつもバスケおじさん 〟



京都2位を目指す努力をしばらく題材にします。