• BB-PHOTO

人生100年

智辯和歌山高校が甲子園で優勝しました。


智辯和歌山高校

中谷 仁 監督と聞いて

プロ野球ファンは「 エッ!? 」となりますね。

( というか監督をされていらっしゃるのを

 みなさんご存知だったと思いますが。)


1997年智辯和歌山優勝時の主将(キャッチャー)で

阪神のドラフト1位です。

( 2位は井川選手)


翌年は松坂旋風の1998年。

才能ある高校生選手がプロの世界でみっちり鍛えられ、

リーグを代表する選手になると個人的には感じておりました。


しかも、当時の阪神の監督は野村監督。

目先の勝利よりも選手の将来性を重視する方針ですので、

中谷選手のプロでの活躍を確信しておりました。

( 1998年1位は藤川球児選手 )


ところが、プロでは満足な結果を出すことは出来ませんでした。

( 不本意な事故の影響も多々あったかと思います)


昨日まで知りませんでしたが、

最後は巨人でプロ野球人生を終えられたそうです。



野球を始めてから約10年で甲子園優勝

プロ野球人生約10年で戦力外

そこから更に10年後には指導者として甲子園優勝



スポーツニュースに流れるレベルの情報しか

知りませんが、もの凄い野球人生ですね。



もし今、バスケットで何か悩みを抱えているのなら

目先の困難で一喜一憂するのではなく、

長いスパンで考えても良いかもしれません。


今の頑張りはいつかどこかに繋がるのですから。



もし、今の自分に自信が無いのなら

未来の自分を信じましょう。


未来の自分なら出来る!!


未来の自分になるためには

今、出来ることを精一杯やりましょう。