top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

他人のせいにしていては成長はしない

先日、息子の誕生日ケーキを取りに行きました。


予約時にプレートのメッセージ( 6さい おたんじょうびおめでとう )

もお願いしていたのでその場で確認してお会計。


ロウソクは有料なのですが、どうしますかとのことでしたので、

「 つけてください。 」と即答し

30円なのですがと聞かれましたので、

「 はい、お願いします。 」と答え、

会計を済ませて帰りました。



今年は息子が自分で用意をすると言ったので

任せていると、

「 パパ、ロウソク1本足りない。 」とのこと。



( そうきたか )



会計時に一瞬、気にはなったのです。


6本入りのロウソクはあまりみかけません。


とはいえ、メッセージプレートを一緒に確認しています。

6本必要なのは店員さんもわかっていたはずです。


ロウソクは5本いりという説明も、何本入りますかの問いもなかったので、

あえて確認するまでもないと思いました。


以前の残りのローソクがあったのでことなきを得ましたが、

先日も少し触れた通り、

これだけ人手不足になりますと、

消費者側がこれまでと同じスタンスではいけませんね。


6歳だから6本要るのは当たり前やん。

1袋5本入りなら絶対確認するはずやん。

という感覚は通じませんでした。


歓送会のお店を予約したら数日前にも再確認する。

何か依頼する時には口頭だけでなく書面でも渡す&中身を一緒に確認する。


など、自分の当たり前の感覚で

相手がやってくれると思わず、

入念に確認した方が良いと改めて感じました。



なお、最近子供の写真を載せていないのは

大きくなってきたからでして、

いつも通り、そこそこ遊んでいます。


今年は2人とも運動会の応援に行けるので

楽しみにしています。












Comments


bottom of page