• BB-PHOTO

勝利の絶対条件【指導者編】

BB-PHOTOではありがたい事に

多くの指導者の方々との交流があります。


立場が違いますので、

実は非常に質問しやすいです。


ジャッジでわからない事があると

いつもS級審判さんに教えて頂きますが、

これも自分が審判をやっていれば

恐れ多くて絶対に聞けないと思います。

(I先生、T先生いつもしょうもないレベルの質問すみません)




先日も全国大会出場経験のある

指導者の先生と色々お話しさせて

頂く機会がありました。



勝利への絶対条件を教えて頂きましたので、

ここで披露させて頂きたいと思います。




『 勝利の絶対条件 』



「 勝たせてやりたいという気持ちも大事やけど、

 自分自身(指導者)が絶対に勝ちたいと思わないとあかん。 」



ベテランの指導者の先生との話の中で、久しぶりに衝撃が走った。

青天の霹靂とはまさにこの事であった。


「 勝ちたいという気持ちが一番大切。 」


選手に当たり前のように言っている事が

指導者にも当てはまるのである。



そして「 勝ちたい 」側の指導者の先生の顔が次々と浮かんできた。



もしかすると「 勝たせてあげたい 」側の先生の方が

今の時代に合うかもしれないし、

どちらが良いという問題でもないが、

「勝ちたい」という言葉や想いを直接聞いてきた指導者の方が

より結果を残している感じがする。



その後、若手の指導者の育成の話題になった。


ベテランの先生に合同練習をお願いしたり、

練習メニューを教えて頂く若手の先生はいると思うが、

練習メニュー自体はあまり変わらないケースもあるそうだ。



何が違うかというと

目的意識が違うそうである。



これも若手の先生にはお伝えしたいと感じた。




指導者を引退された方を多く見てきましたが、

何かの形でバスケットに携わっている方が多いです。


再び、チームを指導しても良くなるのは僅か1チームだけです。


それなら、指導者の先生の経験や知識が

多くの若手の指導者の力になるような事をして

京都全体の底上げになるような試みをしたいです。




BB-PHOTO TJ