top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

夏が終わる

現役時代の影響が大きいのでしょうが、

自分の中では近畿大会が終われば

バスケの夏が終わった感じがします。



今の中学3年生は

クラブチームでの活動がある人もいるとはいえ、

昔の私のように

毎晩、試合のことを思い出している選手はいると思います。


悔し涙で枕を濡らしている選手もいると思います。



私は中学2年生の時も

中学3年生の時も

涙がかれるくらい泣きました。



毎晩、毎晩、試合のことを思い出し、後悔しました。



( なんであの時の1プレイを… )


と、数年間引きずったプレイがありました。



中3の試合のビデオは

その後数年間、いっさい見ませんでした。


本気で後悔し続けました。



私にとっては後悔の中学バスケでした。



高校の進路はバスケ部で選びました。

京都で準優勝、近畿でベスト8の結果に大満足でした。


大学では体育会でバスケを続けました。

4回生の時には関西2部のチームでスタメンでした。


バスケットセンスのかけらもないと言われた

私にしてはよくやったと方だと自分では思いました。



それから時が経ち、

バスケットを撮るようになり、

多くの選手と出会ってきました。



勝利に歓喜し、

敗北に涙する。


そんなシーンとたくさん出会ってきて

気づいたことがあります。



『 バスケット人生の価値に勝敗は関係ないな 』



逆転を狙ったシュートが入った!!

やったー最高のバスケ人生!!!


逆転を狙ったシュートを入れられた…

後悔のバスケ人生…



ってそんなわけないですよね。



たった1試合の結果、

たった1本のシュートで

自分のバスケ人生の価値が決まるわけないですよね。



しかも、相手のシュートの成否や

自分がベンチにいたりとかした場合は、

どんなに努力しても

結果は動かせないですよね。



それに気づいた時、

後悔の中学バスケットは

自分の中で、

最高のバスケ人生になりました。



なぜなら

京都で一番努力すれば一番になれると

心の底から信じて努力したからです。



今となっては信じられない話があります。


BB少年は中2の近畿大会でマッチアップした

同級生の永山誠( 園田中→洛南高→日大→パナソニック)というスーパースターに

1年後の近畿でリベンジするために必死で努力していました。


しかし、残念ながら府下3位で

近畿大会出場を逃しました。


どうしても勝負したかった

BB少年は洛南に進学した先輩たち

(永山の先輩+自分の先輩)に頼み込んで

全中前の兵庫の園田中まで連れて行ってもらい

彼と勝負したのです。


当時から近畿ナンバーワンプレイヤーであり

後の全日本プレイヤーに

バスケの才能が一切ないと言われた

私が勝負を挑みに行ったのです。



今ならきっと止めるでしょうが、

バスケバカここに極まれりです。




今、後悔している

中学3年生の皆さんにとって

中学バスケはどうでしたか。


好きなバスケットを楽しめましたか。

精一杯努力しましたか。

涙で終わりましたか。



今はまだ後悔していても良いと思います。


でも、いつか私と同じように結果ではなく

歩んだ日々を誇りに思える日が来るでしょう。



笑顔も涙も

君がたどり着いた最高のゴールだ。
















Comentarios


bottom of page