• BB-PHOTO

情けは人の為にならず

『 情けは人の為にならず 』


30代前半まで誤った認識をしておりましたが、

「 他人に親切にするのはその人の為にはならない。 」

という意味ではなく、

「 他人に親切にすれば、いつか自分にも返ってくる。 」

という意味だそうです。

( 詳しくは辞書などを調べて下さい )


他人の為ではなく、自分の為になると。


現在、様々な自己啓発本やスキルアップのための書籍が

出版されていますが、

昔から言われている言葉や諺の中にも

成長するためのたくさんのヒントがあると思います。



今回の話をあえてバスケットに繋げるとすると

『 人を活かすためのプレイは人の為にならず 』

といったところでしょうか。


味方を活かすスクリーンプレーやスペーシングなどの動きは

実はボールマンのためではなく、自分のためです。

( 自分がプレイタイムを得るのに大いに役立つ)


オフェンスにおいて

ボール保持時間とボールを持っていない時間の比率は

単純計算で 1 : 4 です。

(  自分1人で1 : 味方の4人で4 )


部活動が制限される今だからこそ、

オフボールの『 4 』について

しっかり学ぶ時間が取れそうですね。