• BB-PHOTO

我輩はディフェンスマンである

我輩はディフェンスマンである。

チャージングをとったことはまだ無い。



まじで?

( ゚д゚)



大谷高校3年生の時、

インターハイ京都府予選の準優勝したと

載りましたので、注目が集まっている今だからこそ、

選手の皆さんに知って頂きたいことを書きます。



ポジション

シューティングガード。


高校通算3P

3本。


まじで?

( ゚д゚)




1対1でとった点数

高校通算

2点。



まじで?

( ゚д゚)




ディフェンスマンですが、

チャージングをとったことは

バスケ人生で1度もありません。



これがバスケの面白いところです。



身長174cm

シュート下手

ドリブル下手

オフェンス能力なし

スピードなし


これで準優勝するチームで試合に出られるのです。



何が良かったか。


一生懸命走った。

コートを動きまわった。

パスキャッチと適度に安全なパスはそこそこ。

ヘルプディフェンスのポジショニングだけは最高。


こんな選手でも、1人くらいは試合に出られます。



当時とバスケットのスタイルがやや変わってきていますし

レベルも上がっています。


しかしボールを持ってからの技術が上手い選手は増えても

勝利に導く選手は少ないと感じます。



ボールを持ってからすごい力を発揮できる選手は

そのままでいいと思いますが

そんな凄い選手にボールを持ってからのプレイで

対抗しようとしても絶対に勝てません。



ボールがない時のプレイ。



そこを精一杯頑張っている選手は意外と少ないので

私はそこで勝負しました。



スペーシング、スローダウン、たま離れの良さ、パス&ランなど

実際に自分が攻めなくても

自分以外の4人がストレスなくオフェンスに集中できる環境を

作り出すことは出来ます。



あくまで考え方の選択肢の一つですが、

何か参考になればと思い書きました。


自分の得意なプレイを磨くのも大事ですが、

どんなプレイヤーが必要とされるのか。


それを考えるのも大事だと思います。












Copyright © 2017 bbphoto All Rights Reserved.