top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

日本トップクラスの写真屋

例えば三ツ星レストランの一流シェフ

街の定食屋さんのランチタイムの激動のラッシュを

うまく回せるかというとそれはわからないですし、

そのような店で働くことを望まない方もおられると思います。


どっちが上とか下ではなく

フィールドが違いますよね。


それと同じで例えばオリンピックの陸上競技を

撮影しているカメラマンさんが

学校写真の運動会の依頼を受けるかというと

正直あまり無い話だと思います。


またあったとしても

求められている要素が大きく異なると思います。


バスケで言えば、

専門誌の世界選手権の撮影と

販売用のミニバスの撮影では世界が違います。


そのような背景を考慮します

BB-PHOTOはある意味、

日本トップクラスの

撮影販売業者に入っていると考えております。



学校写真の場合、

オリンピックで撮影しているカメラマンさんは

運動会の撮影は断るでしょうし、

もし、受けることはあったとしても

埃まみれになりながら、動き回って、

たくさんの子どもたちを

多く撮るという点においては

販売業者に一日の長があると思います。



登山学習の帯同撮影については

さらに受ける人が少なくなります。



また実際に山へ登ったとしても

依頼された撮影ですから、

そこまで必死になって撮らないでしょう。



日本トップクラスのフォトグラファーでなくても

日本トップクラスの写真屋さんになることは可能なのです。。



その昔、バスケットボールをやっていた時、

私はシュートが本当に苦手でした。


全然入る気がしませんでした。


しかし、シュートが苦手でも

他で頑張ればなんとかなりました。


仕事でも同じようなことが言えるのではないでしょうか。


バスケットボールで大切にしたことは

今も自分の根幹となっております。












Comments


bottom of page