• BB-PHOTO

普段できている事

『 挨拶 』の大切さは部活動に限らず

常日頃の学校生活でも言われている事だと思います。


私も学校生活やバスケ部で大切さを教わりましたし、

今現在、仕事上でも本当に大切と思います。


カメラマンに必要なものをランクづけするなら

『 挨拶 』や『 時間厳守 』が

『 撮影のスキル 』よりも上にきます。



そんな私でも『 挨拶 』で反省する時があります。


普段、大会の会場に着きますと、大会本部に挨拶にいきます。

そして、その時に、フロアにいる先生にも挨拶にいきます。

その後、試合が始まれば、休むことなく最終試合までずっと撮り続けますので、

最初にフロアにいなかった先生や

途中から来場された先生の中には

挨拶のタイミングを逃すケースがあります。


またカメラ機材を座りながら設定している時に

「 おはようございます。 」と声をかけられたとき、

座りながら「 おはようございます。 」と反射的に返してしまうケースもあります。


そういう時は、

( しまったな。立ってから挨拶するべきだった。 )と

後から反省します。


そして何より、挨拶というのは自分からするべきであり、

声をかけてもらってから返すのでは遅かったと感じます。


ですから、普段から出来ていることでも

状況によっては出来ないこともあリますので、

様々なシチュエーションを想定しておく、

自分の中で常に意識しておく

のは本当に大切だと思います。



バスケットでも同じことが起こります。


「 24秒 」につきましては

普段、誰もが当たり前に確認すると思います。


オンザコートの5人だけでなく、

マネージャーやベンチメンバーも気にして声をかけます。


しかし、ごく稀に誰もが見ていなかったという状況があります。


ブザーがなって「 えっ? 」という表情を見せます。


感覚的には高校生で1大会に1回の割合ぐらいでしょうか。


戦況がひっ迫しているから確認を忘れるわけですので

その1回がゲームの流れを変える可能性もあります。



パーソナルファールについても

3回目を犯した時に、

「 え?2回目ちゃうの? 」というチームメイトは

周りにいませんでしたか?


ファールの数も必ず確認しているはずですが、

時として勘違いしている場合もあります。




『 普段できている事 』

『 当たり前にできている事 』

もしっかり確認する必要があります。