• BB-PHOTO

著作権の侵害_0723

【前書き】

京都市夏季選手権大会もベスト4が出揃い

非常に盛り上がっております。

そんな時に、このような話題をお届けるするのは

心苦しいですが、写真屋としての死活問題、

また子供たちのことを考えましても

見過ごすことが出来ない問題ですので、

著作権の侵害について触れたいと思います。




著作権の侵害




著作権の侵害には刑事罰が科されます。


先日、とあるチームの保護者さんが

世間話程度に著作権を侵害している行為を

話してこられました


例えるなら、

スーパーの店員さんに

いつもおたくの店で万引きしているよと

悪びれる様子もなく、話しかけるようなもの

です。


そんなことをするようになれば時はまさに世紀末ですね。


これは著作権に対する世紀末症状と思いますので、

著作権侵害に対して、アクションを起こします。


デジタルコンテンツの繁栄に

残念ながら、モラルが追いついていません。

( 法を犯していますので、モラル以前の問題ですが。 )





もう一度言いますが、著作権の侵害は刑事罰の対象です。


道路交通法も死亡事故につながる可能性のある違反ですので、

厳守が求められますが、

車のスピード違反とは刑の重さが違います。


軽い気持ちで行わないように気をつけて下さい。




著作権を侵害されると

BB-PHOTOは被害を受けるわけですが、

1番の被害者は子供たちではないでしょうか。


親御さん自ら、自分のお子さんの努力の証という写真に対して

法律を犯す行為をしているからです。