• BB-PHOTO

連続ベスト8

ここ最近の感染者急増により

普段の生活もなかなか落ち着きません。


部活動を取り巻く環境にも

一苦労されておられるのではないでしょうか。


『 洛北高校のWC予選、新人戦の連続ベスト8入り 』は

このような状況でなければもっと注目を

浴びていたに違いありません。












ベスト8に入る実力があってもなかなか入れないのが

ベスト8だと思います。


ベスト4に入る実力があるチームが

ベスト4に入る方が確率は高いです。


理由は通常なら5−8位決定戦がありますので、

ベスト4を逃しても、5位シードを獲得して、

次の大会ではベスト4をかけて戦えるからです。



それに対して、ベスト8を目指す場合は

ノーシードとなりますので、クジ運も必要です。



昨年のWC予選では

京都成章が東山に1回戦で敗れましたが、

くじ運によってはベスト8は十分に狙えたと思います。


ですから、8シードがないチームは

どんなにチームの調子を上げても、

ベスト4チームとあたってしまうと

なかなか結果に繋がりません。


だからこそ、

シードの価値があるわけですが、

『 ベスト8への道のり 』は

本当に険しい道のりです。



話は少しそれましたが、

そんな険しい道のりを超え、

洛北高校が連続でベスト8入りです。



特に今回の新人戦では

延長を勝ち抜いてのベスト8入りです。


素晴らしい結果だと思います。


スポーツ推薦のないチームが

ベスト8に名を連ねることは

他のチームの希望にもなるでしょう。


新人戦が再開されれば、

次は東山戦です。


去年のWC予選でも準々決勝で東山との対戦でした。


昨年ほどの点差は開かないと思いますので、

1プレイ1プレイを大切にして挑んで欲しいと思います。