top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

驚愕のファール

岡田(侑大)選手の1on1や

米須選手のパスセンスなど

歴代の東山高校のエースプレイヤーに

何度も驚かされましたが、

今回驚愕したプレイはファールです。


( す… ご… )


思わず、ファインダー越しにつぶやきました。


詳しくは動画をご覧ください。




残り約10秒3点リード


バスケットをしている方なら

誰もが ( スリーは打たせない )と

思う事でしょうし、

気持ちとしては

1点もあげたくないですね。



ところが瀬川選手は

フリースローで2点を

取られるのは良いというプレイをしています。



今、こうしてブログを書いている状態でしたら、

選択肢としてはありだと考えることは可能です。


しかし、あれだけの接戦、

一時は京都精華が優勝するとさえ思ったゲームの

最終局面で、さっと実行できる判断に対して

本当に凄い選手だと感じました。



3点リードで一番最悪なケースは

スリーを打たせまいと激しくディフェンスをした結果、

バスカンスリーで4点プレイです。


他に考えられる可能性としては

フリースロー1本インで

2本目のリバウンドを取られて

→スリー   逆転

→バスカン  逆転濃厚

→リバウンドシュート  延長


フリースロー2本イン 1点リード

で相手がファールゲームを仕掛けてくる

があります。



ここでポイントですが、

瀬川選手はファールで止めにいったわけではありません。


フリースローから逆転のリスクはありますので、

あくまで第一手は「 プレッシャーディフェンス 」です。


もし、笛がなっていなければ

相手のターンオーバーでマイボールでした。


それぐらい際どいプレイでした。


結果はファールで相手のフリースローになりましたが、

京都精華学園のアウトサイド力を考えますと

スリーを打たしたくない場面でしたし

延長戦は避けたいところです。


ですから、最悪ファールでも良いという計算の元、

プレッシャーをかけています。



バスケットは咄嗟の判断を求められます。



ドリブル、パス、シュート、ディフェンス、ブロックショットなど

今まで完成度の高いプレイに魅了されてきましたが、

このファールが一番しびれたプレイかもしれません。










Comments


bottom of page