top of page
  • Kyoto Basketball Times TJ

#16 京都総合 男子優勝 京都産業大学 女子優勝 立命館大学

第56回京都総合バスケットボール選手権大会が

8月26日27日に横大路運動公園体育館で行われた。

男子決勝戦は序盤から京都産業大学がリードし

同志社大学がくらいついていく展開であったが、

後半、#3 高田 のアシストから#14川口の連続3Pなど

怒濤の攻撃をみせ、一気に勝負を決めた。

一方の女子は前半終了時の

立命館大42-21京都精華学園高の時点で

勝負あったかと思えたが、

京都精華が勝負を諦めない

オールコートプレスで粘りをみせた。

今年度からオールジャパンの予選方式が変更となったため、

優勝の両チームは9月16日から富山県で行われる

中日本エリア2次ランドへ出場する。

京産大#3高田(山科中→洛南高)のノールックパス。

堅実さの中にも魅せるプレイでチームを牽引し

大会優秀選手にも選出された。

最新記事

すべて表示

新人戦の話をたくさん書きたいのですが、 妻発熱(現段階では陰性)のため、ワンオペ育児となりました。 しばらく仕事、家事、育児に追われます。 学校関係者の話ではコロナでの欠席者は 最近めちゃめちゃ増えているらしいです。 私の周りでも陽性になった人の話をよく聞きます。 以前ほど検査を行なっていないのではないでしょうか? 全体の検査数が減っているだけで、 感染者数はかなり増えているのではないでしょうか。

bottom of page