• Kyoto Basketball Times TJ

第65回京都府高等学校新人大会


2018年2月4日 山城高等学校体育館メインコートにて

男女決勝リーグ最終戦が行われた。

最終順位は

女子 

優勝 京都市立紫野高等学校

準優勝 京都精華学園高等学校

第3位 京都両洋高等学校

第4位 京都府立京都すばる高等学校

男子

優勝 東山高等学校

準優勝 洛南高等学校

第3位 京都府立鳥羽高等学校

第4位 京都府立山城高等学校

以上の結果となった。

特筆すべきは女子紫野高等学校の

3年ぶりの優勝である。

Kyoto Basketball Times

#6 希望を胸に

にて紹介させて頂いた通り

1-2年生は高校での優勝はもちろん、

中学校の3年間も含めても初めての経験である。

それが今回、

「 紫野高校で優勝がしたい 」と

進学の理由を熱く語って頂いた通り、

夢の第一段階を達成できた。

全国出場がかかる「インターハイ予選」

「ウインターカップ予選」が本番であるが

実は前回の優勝を含めた新人戦5連覇(平成22-26年)の中で

インターハイ出場を勝ち取ったのは2回だけである。

悲願の優勝への喜びは一旦封印し、

【 挑戦者 】としての再スタートを期待しているし

それができる選手だと朝練の様子を見て確信している。

2018.2.4 BB-PHOTO TJ