• Kyoto Basketball Times TJ

ジュニアオールスター2018 京都府男子ベスト8


2018年3月29日

京都の中学バスケット関係者にとって

悲願の1勝がようやくやってきた。

第31回 都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会

決勝トーナメント1回線

沖縄県 50 - 59 京都府

京都府男子チームが初のベスト8入りを決めた。

スタートの平均身長は180.6cmと

決勝トーナメントで対戦した相手と遜色はないが

(沖縄179.2 東京180.2 )

185cm以上のビッグセンターがいるわけではなく、

1ガード+4フォワードという布陣であった。

ゾーンディフェンスを使えた時なら

180cm前後の5人でビッグセンターに対抗する術も

いくつも考えられたが、

練習時間の限られた選抜チームでのマンツーマンでは

一人でインサイドを任せらせるプレイヤーがいるチームが

圧倒的に有利である。

しかし、ビッグセンター不在が

逆に全員のリバウンド意識を高め、

今回の躍進に繋がったと考える。

スタメン最高身長の#6

相手センターとの身長差を

クイックネスでカバーし

果敢にゴールへアタックした。

(写真は別大会より)

一方のオフェンスでは

チームスローガン

「 GO TO BASKET 」の通り、

何処からでもゴールへアタックできる布陣が

非常に魅力的であった。

能力ある1対1が魅力の#5

左を生かした技巧派#7

パワフルなプレイが魅力の#8

アウトサイドシューター#9

闘志あふれる#10

ゲーム展開を一変させるゲームメイク#11

チームを盛り立てる#12

コートで結果を残すムードメーカー#13

どんな展開にも順応できる#14

将来性豊かな#15

そして個性ある選手をリードし

自らも得点できるポイントガード#4

12人の奏でるバスケットという視点では

まだまだ可能性を秘めたチームであった。

冷静な状況判断が光る#4

アウトサイド、インサイド、アシスト、リバウンドと

多彩なプレイでフロアバランスを整えた。

(写真は別大会より)

準々決勝(決勝トーナメント2回戦)

京都府 58 - 60 東京A

ベスト4入りには惜しくもあと一歩届かなかったが、

決勝戦 岡山 71 - 69 東京Aというスコアや

練習試合で勝利した相手チームの結果を踏まえても

京都選抜過去最高のチームであったと言える。

今回の選抜でのプレイもそうであったが、

自チームに帰ってからの活躍が

非常に楽しみな選手ばかりであった。

また最後になるが

準々決勝東京A戦で

観客席から応援をしてくださった

沖縄県選抜の皆様に

京都のバスケットボールに携わる一人として感謝の意を表したい。

2018年4月2日

Kyoto Basketball Times TJ