• Kyoto Basketball Times TJ

春季大会を考える

2018年5月6日

平成30年度京都市中学校春季総合体育大会の

幕が閉じた。

今大会は4月30日、5月3日が各中学校で行われ、

5月4日、5日はハンナリーズアリーナで

試合が行われた。

当たり前と感じている方が多いと思うが、

なぜ最後は大きな体育館で試合が行われるのか。

大会が盛り上がるからか。

勝ち上がったチームへのご褒美か。

1会場でまとめて開催した方が楽だからか。

私が考えるのは

上位に進出するチームのプレイや行動を

たくさん学ぶ機会を作るために

開催しているのではないかということである。

「ベスト4に入るチームはこんなことしているのか。」

「こいうところが自分たちには無いところだ。」

試合を観に来たチームや、

出場している多くのチームの選手が

今以上に成長できるチャンスを

得るために1会場で多くの試合を

開催していると考える。

「 ただバスケットが強いだけではいけない。

  京都のチームの手本となるようなチームに

  ならなくてはいけない。」

恩師の言葉を思い出した春季大会であった。

男子

優勝  京都精華学園中

準優勝 加茂川中

第3位 二条中 / 西ノ京中

5位  向島東中

6位  修学院中

ベスト8  久世中 西京極中

女子

優勝  京都精華学園中

準優勝 西ノ京中

第3位 桃山中 / 加茂川中

5位  京都光華中

6位  大淀中

ベスト8  旭丘中 西賀茂中

Copyright © 2017 bbphoto All Rights Reserved.