• BB-PHOTO TJ

応援したくなるチーム


チームスローガン

『 誰もが応援したくなるチーム・選手・生徒になる 』

スローガン通りのバスケットを見せてくれるチームがある。

京都橘高等学校男子バスケットボール部 である。

仕事柄様々な場所でバスケット選手と会う機会があるが、

挨拶や整理整頓、立ち居振る舞いなど

しっかりとしているチームだと感じる。

肝心のオンザコートでも

インターハイ京都府予選1回戦では

両丹地区の強豪チーム

京都共栄学園高校に5点差で勝利した。

続く山城高校戦では

最終スコアこそ30点以上の差となったが、

序盤は互角の勝負を繰り広げた。

「 やれば出来る。 」

「 自分たちのバスケットは通じる。 」

中学時代、京都選抜に選ばれるような選手はいないが、

気持ちの面で強豪校に負けていなかった。

コーチとの信頼感が京都橘高校の力の源にように感じた。

京都橘高校に限らず、中学生や、高校生の皆さんには

自分たちでも出来るという事を

念頭においてバスケットに挑んで欲しい。

ベスト4、ベスト8、ベスト16

壁を突破することは容易ではないが、

どこが違うかと聞かれれば、

本当に些細なことに積み重ねの差だけである。

まずは気持ちの面で「 勝負 」というフィールドに立つ。

精神的なチームの熟成には

挨拶や整理整頓が関係していると感じた。

無名選手(というと選手に失礼であるが)が強豪校を倒す。

近い将来、見せて欲しい。