• BB-PHOTO

365分の1日が宝物

「 こっちで食べていい? 」


小さな机を引っ張り出してきて

兄弟2人でご飯を食べたいとのこと。


もちろんオッケーというと、

普段はしないことをやり始めた。


自分のお皿を取りに行ったり、

前掛けを用意したり、

普段は残すおかずをお互い頑張って食べたりと。



今年は運動会参観不可となってしまったが、

私は特に残念とは思わない。


何気なく過ぎ去っていく日々も

年に一度のイベントの日も、

最高に輝いている、同じ365分の1日であることを知っているから。







「 普段の練習でも良い。夏の日の厳しい練習でも良い。

 現役というフィールドでみんなともう一度、バスケがしたい。 」


中3の夏、涙を流しながら、そう感じた。


引退した私の脳裏に浮かんだのは最後の夏の大会のゲームではなく

みんなで笑いあっている日常の様子であった。


引退が悲しいのはその日常が無くなるからだ。




なぜバスケが最高なのか?


試合が面白いからか?


違う違う。


毎日が楽しくて仕方がないから

バスケは最高なのだ。



365分の1日。


その価値を私は知っている。




大切なことはいつもバスケが教えてくれた。


いつも心にバスケット。


BB-PHOTO TJ



追記:「 用意頑張ったし、片付けはパパお願い〜 」


もちろんオッケー。









Copyright © 2017 bbphoto All Rights Reserved.