• BB-PHOTO

群雄割拠

記事の内容  京都府新人戦男子ベスト8チームについての感想


ウインターカップの熱戦がまだ記憶に新しい2020年1月12日

新人戦ベスト8チームが出揃った。


8シードのチームがそのまま勝ち上がった女子とは対照的に

男子は3チームがノーシードから勝ち上がった。


東山、大谷、京都共栄学園、京都両洋、

鳥羽、福知山成美、城陽、洛南


今までは東山と洛南が抜けていて、

残り2つの近畿の椅子を4チームくらいで

争う感じであったが、

ベスト4常連校の山城、

ベスト8に定着してきた京都成章、京都精華が

ベスト16になったことで、

今後はベスト4争いだけでなく、ベスト8争いも非常に白熱しそうである。


京都の高校男子バスケ界がますます面白くなってきた。


さらに新人戦準々決勝では両丹地区から2校ベスト4に

入る可能性もある。


京都共栄学園 - 京都両洋

2018両丹大会で優勝し、両丹の歴史を塗り替えた

京都共栄学園が府大会の歴史を塗り替えるか、

2019IH予選,WC予選とベスト4入りを果たした京都両洋が

経験値をみせるのか、非常に楽しみな1戦である。


鳥羽 - 福知山成美

昨年度は先輩から受け継いだベスト4を死守した鳥羽高校と

IH予選、WC予選と僅差に泣いた福知山成美高校。

特にWC予選と同一カードとなる準々決勝は

特別な思い入れがあるだろう。


東山 ー 大谷

WCからまだ数週間しか経っていないので

新チームでの練習はほとんど出来ていない東山であるが、

個々の能力では大谷を圧倒する。

大谷は山城を破った勢いでどれだけくらいつけるか。


洛南 ー 城陽

東山と同じく新チームになって日が浅い洛南。

2回戦で80点以上失点しているのが象徴的である。

一方の城陽は昨年度はベスト16で終わってしまっただけに

ベスト8入りは喜ばしいことであろう。

チーム力をどこまで発揮出来るか、注目したい。




ベスト8や4チームだと

華々しい結果を残しているように

みえるが、

多くのチームは敗戦後のシーンが

脳裏に浮かぶ。


どのチームも敗戦から這い上がってきて

強くなり、結果を残している。


だから今回負けてしまったチームの選手も

この敗戦を糧に、インターハイ予選では

素晴らしいプレイをみせて欲しい。