• BB-PHOTO

近いから

京都出身の岡田侑大選手が第19回アジア競技大会の

日本代表候補選手の強化合宿参加メンバーに選ばれました。


平均年齢が23.4歳と記載がありますので

若手主体のメンバーだと思います。


ここからベテランと入れ替えるのかのどうかは

わかりませんが、活躍を楽しみにしています。



つい先日知りましたが、

岡田選手は東山高校の3年間を

寮で過ごされたそうです。



地元から少し距離はありますが、

京都の選手が京都の高校へ通うのに

寮生活を選択されたのです。



その時、私の脳裏には

SLAM DUNK の

流川選手の姿が浮かびました。



強豪陵南の誘いを断った時、

( 湘北高校は )「 近いから 」

と答えていました。


当時はギャグシーンの一つとして

普通に笑っていましたが、

その根底には1分1秒も無駄にせず、

バスケットに時間を注ぎ込む選手であるという

作者の隠れた意図があったのかもしれません。


夜の体育館で1人で自主練をする

流川の姿もありました。


公園に朝練に向かうシーンもありました。


コートで華々しく活躍するプレイの裏に

誰よりも努力する姿が随所に描かれていました。



あくまで推測ですが、作者取材の中で知り得た

日本を代表する選手やNBAプレイヤーの

実話を参考にしたのでは無いでしょうか。




岡田選手も高校時代、

朝練や練習後の自主練は誰よりも練習していたそうです。



〝  才能 〟ではもちろん非凡なものをお持ちですが、

〝  努力 〟においても、人の何倍もされてきたのです。




今まで出会ってきた、違う世界にいるような選手たち。


一番違うのはバスケットに対する向き合い方だったのかもしれません。









最新記事

すべて表示

Bリーグって開幕していますよね? 誰からもBリーグの話を聞かないのですが、 たまたまでしょうか。 ハンナリーズは経営母体が松島ホールディングスになった。 ヘッドコーチが代わった。 千葉の大野ヘッドコーチが三遠に移籍。 テーブス海 選手が滋賀に加入。 など、意図せず、自然にニュースとして知ったオフの情報に比べて 開幕後の情報を目にする機会がまだないです。 NBAジャパンゲームズの情報についても 観客