• BB-PHOTO

スター☆

予告通り出演シーンが全カットだったBB-PHOTOです。


番組のウェブサイトにこう書いてあります。


「 中岡が向かうのは地元 奈良県橿原市 」


そうです、もともと番組の趣旨が【 地元で恩返し 】です。


ですから大谷高校では陸上ホッケー部への防具のプレゼントのみとなり、

私が写真を撮影したシーンが全カットなのは想定内でした。


しかし、オンエアーを見た

大谷高校の陸上ホッケー部の皆さんは

あれ?と感じたはずです。



あの写真はどうしたの??と。



あの写真とは、私が記念写真を撮影して

フォトフレームに入れて学校へお届けした写真です。


番組では一切触れられていません。



( 写真+フォトフレーム 50セット納品させて頂きました )


実はこれ、番組とは関係なく、ロッチ 中岡さんからのプレゼントなのです。


恐らくですが、ツイッターなどでも、こういう話を自分ではされていないと思います。


誰にも話さずに、さらっと出来るところがカッコ良いですね。




中岡さんはちょこちょこ( 頻繁にかも? )陸上ホッケー部に恩返しされていて

写真が必要な時は声をかけてもらっています。




そしてここからが本題です。


実は今まで誰にも言っておりませんが、

一昨年に行ったクラウドファンディング


『 ALL KYOTO PROJECT

コロナ禍で大会が中止となった3年生に写真をプレゼントしたい。 』


にも ロッチ 中岡さんはご支援してくださいました。





当時、報道ランナーさん京都新聞さんに取材して頂きましたが、

その時も、このことは一切話しておりません


理由としましては、そこだけクローズアップされると

他のご支援者の皆様に失礼かと思い、

ご支援者の一人として感謝の気持ちを伝えさせて頂きました。



今回、この話を公開しようと思ったのは

何か明るい話題をお届けしたいと思ったからです。



学校を取り巻く環境は

コロナ禍3年目の今が一番混乱していると個人的には感じます。


高校2年生は新人戦を一度も最後までやり遂げることなく

高校生活を終えるのが確定してしまいました。




話は少しそれますが、

私にはカメラマンを続けていくのは無理だと思った時期が一度だけありました。


それはカメラマン1年目でも2年目でもなく、3年目でした。


1年目、2年目に仕事がないのは当たり前と思っていました。


しかし、3年目になって、先が見えない状況に

これからどうなるんだという絶望感に苛まれました。




話を戻しますと、

高校2年生は入学前にコロナの影響が出始めて、

1年生の時のIHは中止となりました。


その後、3年生の先輩たちが

ALL KYOTO PROJECTで

写真を撮ってもらっていたのを

見ていた人もいると思います。


下級生が先輩のプレイを見て何か心に誓うように

『 精一杯頑張ってきた選手 』

『 応援したい 』と思った人がいて、

そこから生まれた『 人との繋がり 』

目の当たりにしたと思います。


直接プレゼントは受けとっていなくても、

何かを感じて、糧にして頂いたと信じています。


それから2年経った現在、

まさか自分たちが3年生になる時期に

いまだに新型コロナウイルスに翻弄されているとは

考えてもいなかったのではないでしょうか。


本当に先が見えません。


そんな時だからこそ、

もう一度、人と人との繋がりを感じて頂きたいと思いました。








高校1年生は中学3年生の時に

ALL KYOTO PROJECTで

写真を撮らせて頂いた世代です。


今回の話題があの時の感謝の気持ちを

思い出して頂くきっかけになれば嬉しく思います。


ロッチ中岡さんだけではありません。


皆さんのことを全く知らない赤の他人が

精一杯頑張ってきた選手を応援したいと

ご支援して下さったのです。


もしかしたら

今、指導を受けている高校の先生が

支援して下さったかもしれません。


あなたの隣にいるチームメイトの親御さんが支援して下さったのかもしれません。


皆さんの知らない誰かが応援して下さったのです。


これは本当に素晴らしいことです。









皆さんは今、100%の気持ちで部活に打ち込めていますか?


もし、出来ていないのなら、

目を閉じて、『 人との繋がり 』を感じてください。


0歳まで遡って自分が歩んできた日々を振り返って下さい。


自分がどれだけの人に支えられてきたかを思い出して下さい。


どうですか、力が湧いてきませんか?




感謝の気持ちを伝えるのも良いと思います。

お礼の手紙を書くのも良いと思います。


でも、1番の恩返しは、

選手の皆さんが好きなバスケットに全力で打ち込むことだと思います。






最後になりますが、ALL KYOTO PROJECTご支援者の皆様には

失礼を承知の上、ロッチ中岡さんの話題をクローズアップさせて頂きました。


学校現場、特に部活動を取り巻く環境は良くなる兆しがございません。

本文中にもあるように、悪化しているようにさえ感じます。


ですから、選手の皆さんに何か明るい話題をお届けしたいと思い

今回のブログを書きました。


Players' First の精神で行動しておりますので、

何卒、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。






たった1%でも良いので

選手の皆さんの気持ちにプラスになることを願って。


2022.2.25 BB☆PHOTO




大谷高校陸上ホッケー部の皆さん、お待たせしました。


オンエアーも終わりましたので、

中岡さんと一緒にホッケーしている写真を送りますね。


少し残念なのは、皆さん真面目にプレイされた結果、

中岡さんは置き去りであまり一緒に写っていませんでした。笑


次回はもう少し中岡さんの近くでプレイしましょう♪