top of page
  • 執筆者の写真BB-PHOTO

挑戦

D.Cの観客席に私の1学年下の洛南出身の方がいました。

息子さんが選ばれているそうです。



以前、某先生に

「なんでBBさんって洛南の他学年の選手と繋がりがあるんですか?」と

聞かれましたが、

( これがジェネレーションギャップか!!)と内心驚きました。


当時の大谷高校はIH予選準優勝。(優勝は洛南)


今年でいえば、準優勝の京都精華の3年生、藤内選手と

優勝した東山の2年生、瀬川選手に面識があってもおかしくはないですよね。


それと同じです。



以下、BB略歴。



中学、高校では常に京都でベスト4以上。

(唯一、中1の夏季だけがベスト8ですが、ベンチ入りしておりませんので除外)


中学と高校、両方の近畿大会でプレイしたのは

京都の同学年で3人だけ。


中2の近畿で後の洛南のエース永山とバチバチにやり合うが

惜しくも2点差で予選リーグ敗退。


京都選抜を辞退する。


中3の夏に後の全日本プレイヤー永山がいる

園田中へ勝負を挑みにいった。


東山から推薦の話がきていた。


中学のセンターから高校のシューティングガードへの

コンバートに苦労したが、

総勢100名を超える部員の中でシックスマンを勝ち取った。


そして、高3のIH予選準優勝、近畿ベスト8。


洛南戦は特に燃えていたので、

高校通算の全3Pのうち、30%以上を

洛南戦で叩き出している。


当時の京産大の石川監督が

大谷のゲームを見て

なんであの子(BB)をもっと使わないのかと

仰っていた。




こうやって羅列すると

めちゃめちゃバスケが上手いように聞こえますが、

本当に実力は大したことはないです。



ただ、バスケは本気で好きでした。


中学の時は

バスケ好き度と努力の量は京都ナンバー1だったと思います。


高校の時は

壁にぶつかって、うまくいかない時もありましたので

チームで一番の努力すら出来ていませんでした。



しかし、その時の自分に対する後悔があるからこそ、

今こうして、好きなバスケに向き合えているのでは

ないかと思います。



側から見て、

そりゃ無理やろと言われるようなことでも

バスケが好きな気持ちで向かっていっていたのですから。



バスケかぶれの常識なんてとっぱらって

挑み続けたいと思います。





( 残念ながら 1本差 で敗れました。)

Comentarios


bottom of page