• BB-PHOTO

自信

BasketParkの記事を更新しております。

今回はBリーグの試合に取材に行かせて頂きました。


岡田侑大選手といえば、世代を代表するスコアラーなのですが、

私なりに感じたことをこのブログで書きたいと思います。


まず1試合を通しての岡田選手のスタッツは11得点 3アシストです。


決して良い数字とは言えませんが、

悪ければ、悪いなりのバスケットがあると思います。


今回の試合でいえば、

前半からフィニッシュにいかず、

オープンスペースの味方へのパスが

目立ちました。


アシストは3ですが、

味方の調子が良ければ

7−8あたりは確実にいっていたと思います。


次に感じたことは

やはりディフェンスは重要ということです。


シュートアテンプトが多ければ

例え確率が落ちても、リバウンドという

セカンドチャンスがあります。


またシュートで終われていれば流れも悪くありませんし、

ディフェンスもきちんとした状態でスタートできます。


ところが、ディフェンスでボールをスティール出来ると

その後のオフェンスは速攻やアウトナンバーになり、

高確率でシュートを決められます。


チームに勢いも出てきます。



そして、最後に感じたことは

どんなに調子が悪くても

自分を信じて打ち続けることの重要性と

自信を得るための絶対的な練習時間の必要性です。


岡田選手は第4Qの勝負どころで3Pを決めましたが、

この試合、確率は1/6です。


シュートタッチが悪いのだと感じておりましたが、

勝負どころでなんの躊躇もなく

自分のシュートを打っていました。


中学生や高校生の場合、調子が悪い日は

終盤の大事な場面でシュートを狙えない選手もいます。


しかし、岡田選手は自分を信じて打ち続けました。


それは単なるメンタル面の強さだけでなく、

自分を信じるだけの練習を行なってきたからだと思います。


岡田侑大選手と米須 玲音選手は

東山高の卒業生の中でも

トップレベルの選手ですが

校時代の自主練習においても

桁違いに練習していたと聞いております。

 

( 純粋な練習量では岡田選手がNo.1 )



自信がない=絶対的な練習量が足りない


と自分に当てはめると

やることは一つです。


自信がつくまで全力でやり続ける。