• BB-PHOTO

責任

高校は新人戦が中止となってしまったので

春休みに入りようやく課題が見つかり出したチームもあることであろう。


例年、新チームになって数ヶ月のプレイを見て

少し残念な気持ちになる事がある。


下級生の時からスタメンだった選手が

自分たちの代になり、

新たにスタメン入りした選手に対して、

先輩と同じことを要求している姿をみると

残念な気持ちになる。


もちろんチームとして

より高いレベルを要求することは間違いではないし、

それに対してではない。


私が残念に感じるのは、

以前から試合に出ていた選手が

同じレベルを新たなメンバーに求めるだけで

より成長したプレイを目指していない点である。



もし、先輩より、シュート確率が劣るのなら、

「 俺たちがその分、リバウンドを頑張るから。 」


もし、先輩のようなパスが投げられないのなら、

「 気にせんでええよ、何回でも走るし!! 」


もし、先輩よりも高さがないのなら、

「 俺らもリバウンド行くし、アウトを必死に頑張って。 」



求めるだけでなく、プレイの幅を広げてチーム力を上げる。


これが下級生時からプレイタイムを得ていた選手の責任であり、

チームスポーツの面白さではないか。



下級生時からプレイタイムを得ていたということは

何か特別な物を持っているからに違いないと思う。


その素材にさらに磨きをかけ、上のレベルで勝負するのか、

お山の大将で終えるのか。


決めるのは選手次第である。


と言いたいところであるが、それはもう無理な話だ。


なぜなら、もう誰かの貴重なプレイタイムを奪って

下級生の時から試合に出てしまっているのだから。


先輩の高校バスケ生活にかけた想いを粉砕して自分がコートに立ったのだから。


それが選ばれた選手の、

チームの核となる選手の責任ではないか。


「 あいつやったら、(ポジションを奪われたのも)しゃーないわ。」


そう言ってもらえるプレイをするしかない。



そして、新たにプレイタイムを得た選手にも一つ伝えたい事がある。


もし、自分のプレイと先輩のプレイを比べて、

実力が足りず、申し訳ないと感じているのであれば、

それはチームメイトからの信頼を得ていないのではなく、

自分が心の底からチームメイトを信頼できてないのではないか。



先輩を追いかけるより、自分の未熟さを気にするより、

味方を信頼して、思いっきりプレイしよう。

自分のプレイを伸ばそう。

バスケをもっと楽しもう。



BB-PHOTO TJ



( 写真は本日すごいプレイを見せてくれた選手ですので、本文とは一切関係ありません )