• BB-PHOTO

心の支えになった写真

バスケットを頑張る選手の最高の瞬間を撮るいう

想いを持って普段撮影しておりますが、

自分自身にも最高の1枚はあります。




高校2年生の時のスキー研修の写真です。


スキー研修なのに、スキーの写真違う!?

それよりバスケットじゃ無いの!?


色々突っ込みどころはありますが、

高校生の時、一番仲がよかった友達と一緒に

カメラマンさんに写してもらった一枚です。


「 キャイーンポーズで写ろうや 」と言われたらしいですが、

私はなぜかスキーのポーズというちぐはぐ具合ですが、

笑いのツボはぴったりの大親友でした。


1-6時間目はなんかオモロイことをしようと必死に考え、

放課後は必死に部活を頑張りました。



バスケットの写真が無かったことから志したカメラマンの道。


聞こえは良いですが、20代後半からチャレンジしましたので

なかなかの険しい道のりでした。


普段書いているように、バスケットで出会った方々の協力や

バスケットで鍛えられた精神的な成長が自分の力となりましたが、

それでも気分が落ちそうなときもあります。


そんな時はこの写真が私に力を与えてくれました。


( あいつも頑張っているんやから、俺も頑張ろう。 )


実はこの親友も私と同時期に、

夢に向かって再挑戦しましたので

30代になってからも経済的に苦しい時期は

まだまだ続きました。


もちろん高校生と社会人では立場が違うのですが、

良い意味で高校生の発想は役に立ちます。



挑戦することに、臆することはなかったです。


楽しむことに最大限の目的を置いていました。


色んな夢を描いていました。



もちろん仕事ですから、売り上げや、利益、損益分岐点云々

考えなくてはいけません。

どんぶり勘定は絶対ダメだと口酸っぱく叩き込まれました。


ですが、社会人としの常識が、

いつの間にか昔持っていた自由は発想を

がんじがらめにしていたような気がします。


挑戦する。

楽しむ。

夢を語る。


30代前半よりも

40代前半の今の方が

やりたいことは増えています。


私が撮っている写真が

いつか誰かの力になることを夢みて。



BB-PHOTO TJ