• BB-PHOTO

Thank you

普段は縁の下の力持ち、リバウンドやスクリーンアウトを

絶賛している私ですが、好きなNBA選手は超ミーハーです。


ジョーダン、コービー、ウェイド、レブロン。


Oh,,,,


アメリカンキッズもびっくりなメジャーすぎる布陣です。



切れ込んでドカンとダンクする選手が好きです。


(もちろん、ルーズボールや

ディフェンスも超一流ですが。。。。)



まず中学の時に神様ジョーダンと出会いNBAにハマりました。


豪快なダンク、

ダブルクラッチ、

勝負所でのジャンプショット。


一番バスケを頑張った時期が

リピートスリーピートの8年間でした。


私にとってマイケル・ジョーダンは永遠のスターです。


そのジョーダンが引退した後、

NBAを牽引したのがコービー&シャック要するレイカーズ、

ダンカン、ジノビリ、パーカーのスパーズ、

得点王 アイバーソン T-Mac、

ビンスカーター etc.



自分の中での最高のスターが一番と思いたいので

新しく出てきた選手を認めたくない部分は

スポーツファンなら誰もが持つ感覚と思いますが、

コービーのプレイはジョーダンを超えたかと

思うようなスーパープレイばかりでした。


特にバックダンクは私の中で芸術と呼べました。



ただ、社会人になってからは学生の時のように

NBAを観る機会が減りました。

00年代前半はライブではほとんど観ていないです。


NBAファイナルを久しぶりに観たのが2006年。

ウェイドがやばかった年です。

高校生並みのテンションでファイナルを観ました。


さらにその年の世界選手権では

レブロン、ウェイド、カーメロを埼玉で現地生観戦しました。


ちょうどそのあたりから

自分でプレイする機会も増え

バッシュやバスパンなども数年ぶりに買いました。


その頃、人生で唯一買ったNBAのユニフォームが

オールスターのものでした。





West 8


今の若い選手は24のイメージが強く

知らない方もいたかもしれませんが、

最近のニュースで知れ渡ったと思います。





なぜ、ジョーダンでもなく、

ウェイドでもなく、

レブロンでもなかったのか。



それは私の胸にそっとしまって

おきたいと思います。


Thank you.