• BB-PHOTO

What A Wonderful Player_0501

本日はとある指導者の先生から教えて頂いた話です。


延長戦でボールを保持して、さあ速攻という時に、

足をつった相手選手を気遣い、足を伸ばしてあげた選手がいたそうです。


ボールを保持していないチームのトラブルですので、

審判がゲームを止めることはありません。


大人の感覚では5対4で攻めたら良いのにと思いますが、

その選手にとってはそれが当たり前だったのでしょう。





バスケットボールを精一杯頑張ってきた人間にとって

最高に楽しいことの一つに

〝 バスケ部での集まり 〟があります。


コロナ禍以降開催しておりませんが、

OB会が終わってから、

みんなで飲みにいきます。


大人になって様々な宴席の場を経験しましたが、

バスケ部での集まりが間違いなくナンバーワンです。


毎回、腹がよじれるほど笑います。


その選手も将来、

みんなから突っ込まれるんでしょうね。



ああ、素晴らしい選手に拍手喝采!!